グルコマンナンの効果とは?

もぎたて生スムージーの成分に「グルコマンナン」があります。

 

「グルコマンナンって、お通じに良さそうな成分?」

 

くらいしか認識していなかった私が、この記事でグルコマンナンについてまとめました。

 

グルコマンナンの原料は何?

 

グルコマンナンは、どういった効能があるの?

 

といった、グルコマンナンの疑問を、解説していきたいと思います。

 

 

グルコマンナンとは?

 

グルコマンナンは、コンニャク芋に多く含まれる、水溶性中性多糖です。

 

グルコマンナンは、人間の消化酵素では、消化できません。

 

胃の中で水を吸って、何十倍にも膨れるため、ダイエット食品とされています。

 

さらに、糖やコレステロールなどの吸収・抑制効果を持つことが報告されています。

 

 

水を含んで、胃の中で、大きく膨らむことのメリットは2つ

 

  • 少ない量で、満腹感によるダイエット効果
  • 便の量を増やすことで、お通じをよくする

 

ダイエットに適した成分と言えますね。

 

 

グルコマンナンは「こんにゃく」から摂れる

 

こんにゃく

 

こんにゃくの成分は約97%が水分で、それを除くと主成分は「グルコマンナン」という水溶性食物繊維です。

 

実は、スーパーなどで見るこんにゃくは、製造過程において凝固剤(水酸化カルシウム)を使って作られているため、食物繊維は水溶性から不溶性に変わっているのです。

 

マンナンライフの商品は凝固剤を使用していないため、グルコマンナン(水溶性食物繊維)のままです。

 

出典:マンナンライフ

 

グルコマンナンは、コンニャクの主成分で、たっぷりの食物繊維で、お通じの改善と、

 

腸内フローラの、善玉菌のエサになるので、腸内環境を整える効果があります。

 

 

満腹感があって、腹持ちもいいし、お腹の調子も整える。

 

まさに、ダイエット食品ですね。

 

 

グルコマンナンの効果のまとめ

 

コンニャクの原料、コンニャク玉から抽出されるグルコマンナン。

 

昔の日本人は、コンニャクを育て、食して、カラダの内側からキレイになっていたんですね。

 

余談ですが、

 

蒟蒻玉から、コンニャクを作るのは凄く大変なんです。

 

蒟蒻玉をすりおろして、水を何度も何度も変えて。

 

時間をかけて作ります。

 

出来上がったこんにゃくは歯ごたえがあって、本当に美味しく、

 

スーパーで買ってきたコンニャクとは、比べ物になりませんでした。

 

 

コンニャク・しらたきを使った料理は、ダイエットに適していますね。

 

でも、
「つくるのは面倒!!」
「楽してダイエットしたい!」
と思った人は、もぎたて生スムージーで手軽に始められますよ♪

 

関連記事はこちら:もぎたて生スムージーの口コミ